Pick Up! 広告・デザイン

【CV2倍】心理タイプを使ったWEB広告効果改善ソリューション

投稿日:2019年6月14日 更新日:

 

Web広告は、テクノロジーの発展とともに運用手法が多様化・複雑化し、それらに焦点があてられるケースがほとんどです。
しかし、広告効果を引き上げるためには、運用面の取り組みだけでなく、クリエイティブパワーが最大のブレイクスルー要素です。
「beehave」は、そんな環境のなかうまれたクリエイティブに特化したWeb広告ソリューションです。

f:id:web_bp_lab:20180320151719p:plain

Web広告に、以下のような課題はありませんか

勝ちバナーの効果が摩耗してきた。
クリエイティブがマンネリ。新しい切り口が欲しい。
クリエイティブのノウハウを蓄積したい。
とにかくWeb広告効果を出したい。

「beehave」はこのような課題を解決するサービスです。

 

「beehave」の仕組み

人間が必ずいずれかに当てはまる「心的活動様式4タイプ」に沿ったクリエイティブを展開し、ターゲットの心の動きに合わせた最適なアプローチを行いアクションを促します。

クリエイティブでターゲットを絞って効率化を追求する施策ではなく、心理学を活用して効率化を図りつつターゲット拡大とアクション数増加を図るため、これまでアクションを起こさなかったターゲットのアクションを促すことが可能になります。

beehaveの心理4タイプ

4タイプ別のクリエイティブロジック

4タイプについての詳細はコチラ

 

なぜ心理タイプを使うの?

Webクリエイティブの理想は「誰にでも効くクリエイティブ」です。
どんな人にもクリックしてもらえる究極のバナー、コンバージョンしてもらえる究極のLP。

ただ、ターゲットが人間である以上、物事の捉え方や好みは人それぞれで「誰にでも効く」クリエイティブの実現は難しいですよね。もちろん膨大な数のクリエイティブを配信すれば実現できる可能性はあります。ただ、管理が非常に手間で、もちろん制作コストなどもかかってきます。

そこで「beehave」では、心理学・心理タイプに着目しました。人それぞれある物事の捉え方や好みの特徴には、傾向=タイプがあります。

そのタイプの人たちに刺さりやすいクリエイティブを作成することで、クリエイティブに幅を持たせつつ、効率よく配信していくことを可能にしました。

 

どうやってPDCAを回すの?

beehave"

 

例えば、「ユング心理学 4つの心理タイプ」の分類に沿ったデザインの4タイプのバナーと従来の勝ちバナーを同時に配信し、勝ちバナーとの効果差を参考にPDCAを行う手法があります。

 

効果事例

 

株式会社オークローンマーケティング
Shop Japanで大人気の「トゥルースリーパー

実施期間:2017年中3カ月間
CV数:200%(倍増)
(実施前/後対比)

 

インタビュー記事
markezine.jp

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

宮田 あゆみ(株式会社インフォデックス)

beehave編集部
2017年 株式会社インフォデックス入社。
beehaveの編集部として企画・ライティング・ディレクション・SNS運用を担当。

-Pick Up!, 広告・デザイン

Copyright© beehave , 2019 All Rights Reserved.